■東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)は、二月堂のご本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が、人々にかわって罪を懺悔し、国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2022 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 近畿の見所 > 奈良県 > 東大寺二月堂のお水取り(奈良県)
東大寺二月堂のお水取り(奈良県)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2009-4-4 (1996 回閲覧)
■東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)は、二月堂のご本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が、人々にかわって罪を懺悔し、国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。

■修二会は、現在、3月1日より2週間行われていますが、もともと、旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味で、「修二会」と呼ばれ、「二月堂」の名も、これに、由来しています。

■3月12日深夜(13日の午前2時)には、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から、観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、毎晩7時(12日は7時30分・14日は6時30分)に行なわれる「お松明(たいまつ)」は、長さ約6mにもなる大松明を、童子(どうじ)と呼ばれる人がかつぎ、練行衆は、その後について、二月堂のお堂へ入っていきます。

○3月4日に、東大寺二月堂のお水取りを見に行きましたが、3年前に行った時は、三脚の使用禁止と言われて、手持ちで撮影し、全て手ぶれでした。

○今回は、事前に、三脚使用許可書を貰っており、気楽でしたが、三脚が使用出来る場所には、20人くらいしか入れないので、午前9時からの受付の、2時間も前に、順番を取りに行きました。それでも、既に、並んでいる方がいらっしゃって、12番目で、1番の方は、5時からお待ちだったそうです。

○今年の錬行衆の動きは静かで、歓声が沸くような派手な動きは1度だけで、撮影のタイミングや条件がわからず、悔いの残る結果に終わりました。

○最終日の14日は、午後6時半から始まるお松明に向けて、三脚使用指定場所を取るため、午前4時前に家を出ましたが、僅か10分間の、お松明の乱舞をカメラに収めるのは、一苦労です。

○奈良二月堂のお水取りが終わると、春が来ると言われています。

■やまちゃんのお水取りのスライドショーは、こちらをご覧ください。

■東大寺二月堂の場所は、こちらです。







■このレポートは、「やまちゃん」から、「加古川からの小さな旅」の掲示板に、投稿いただいた情報を、リメイクしたものです。

☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

ページ移動
良く読まれた記事 郡山城址追手門の枝垂れ桜(奈良県) 談山神社(奈良県) 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド