■1年12回で満願になる、西国三十三ヵ所巡礼の旅という触れ込みの、お手軽バス旅行を満願した者のための、お礼参りの旅で、善光寺と北向観音です。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2022 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 中部の見所 > 長野県 > 善光寺・北向観音(長野県)
善光寺・北向観音(長野県)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2009-5-17 (1836 回閲覧)
■1年12回で満願になる、西国三十三ヵ所巡礼の旅という触れ込みの、お手軽バス旅行を満願した者のための、お礼参りの旅で、善光寺と北向観音です。

■西国三十三ヵ所巡礼の旅が終了した時に、引き続いて、出かける予定でしたが、何やかやと、行事が重なり、1年遅れの出発となりました。

■長野まで、約500kmのバス旅行で、明石を8時に出発し、三宮で、20名近くの方が乗られて、いよいよスタートです。

■善光寺の場所は、こちらです。

■北向観音の場所は、こちらです。

■詳しいレポートは、こちらをご覧ください。


○北向観音です。北を向いているのは、善光寺と向き合っているからで、「裏善光寺」とも呼ばれています。開創当初の建物は失われたそうで、本堂は、1730年代に再建され、寄棟造の茅葺、正面中央には、唐破風の向拝があります。


○愛染堂の近くには、縁結びの霊木として崇められている、「愛染かつら」の巨木(樹高22m)→があります。


○善光寺は、仏教が、諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の別なく、宿願が可能な霊場と位置づけられ、天台宗と浄土宗の別格本山となっていることです。


○前立本尊と回向柱は、五色の紐で結ばれ、回向柱に触れると、前立本尊に触れたのと同じ利益(りやく)があり、来世の幸せが約束されるそうです。

☆この記事は、リメイク版です。

☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

ページ移動
大平宿(長野県) 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド