■「日本のはじまりの奈良」を合言葉に、平城遷都1300年祭が開催されている奈良へ、1泊2日で、お出かけました。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2022 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 近畿の見所 > 奈良県 > 平城遷都1300年祭(奈良県)
平城遷都1300年祭(奈良県)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2010-5-19 (865 回閲覧)
■「日本のはじまりの奈良」を合言葉に、平城遷都1300年祭が開催されている奈良へ、1泊2日で、お出かけしました。

■まず、「東向通り(ひがしむきどおり)」から「餅飯殿通り(もちいどのどおり)」を通って、奈良町への散策を開始し、元興寺(がんこうじ)に向かいました。

■元興寺の場所は、こちらです。

■詳しいレポートは、こちらをご覧ください。

■平城遷都1300年祭のスライドショーは、こちらをご覧ください。


○元興寺(がんごうじ)の本堂(写真右側の建物)と禅堂(同左側)の丸瓦は、珍しい「行基葺き」で、しかも、日本最古の瓦です。


○北円堂は、興福寺に現存する最古の建物で、藤原不比等の1周忌に建立されましたが、兵火で消失し、現在の建物は、承元4年(1210年)に再建されたもので、国宝です。


○東大寺の本尊・盧舎那仏(るしゃなぶつ)を安置するために建てられた金堂です。


○ライトアップされた興福寺の五重塔です。


○「第一次大極殿(だいごくでん)」です。

☆この記事は、「加古川からの小さな旅」のリメイク版です。

☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

ページ移動
良く読まれた記事 室生寺と長谷寺(奈良県) 郡山城址追手門の枝垂れ桜(奈良県) 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド