■貝塚からの帰りに、突然、思い立って、紀州街道の城下町岸和田を探索しました。■五風荘で昼食を済ませ、まず、だんじり会館を見学した後、旧紀州街道のふるいまちなみを散策しました。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2022 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 近畿の見所 > 大阪府 > 岸和田市(大阪府)
岸和田市(大阪府)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2013-3-18 (720 回閲覧)
■貝塚からの帰りに、突然、思い立って、紀州街道の城下町岸和田を探索しました。

■五風荘で昼食を済ませ、まず、だんじり会館を見学した後、旧紀州街道のふるいまちなみを散策しました。

■五風荘の場所は、こちらです。

■詳しいレポートは、こちらをご覧ください。


○この五風荘は、寺田財閥の寺田利吉が、旧岸和田藩主の新御茶屋敷跡などに、昭和12年から14年にかけて、3年の歳月をかけて造営した大邸宅で、現在は、岸和田市の所有ですが、平成21年から、指定管理者制度を導入し、「がんこフードサービス株式会社」が管理運営を行っています。


○建武元年(1334年)前後に、和田高家が現在の岸和田城跡から約500m東に岸和田古城を築城し、「岸の城」とも言われたそうで、『日本城郭大系』によると信濃泰義によって、現在地に移築されたとされています。


○だんじり祭りの迫力を実感した後、旧紀州街道へ足を踏み入れますと、最初に目に付いたのは、この本町のだんじり小屋です。


○昔ながらの民家や商屋が並ぶ紀州街道に、平成9年に、開館した岸和田市まちづくりの館です。


○本町など、15台のだんじりが宮入りする岸城神社です。

☆この記事は、「加古川からの小さな旅」のリメイク版です。
☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

ページ移動
仁徳天皇陵と大仙公園(大阪府) 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド