■20年に一度の「三ツ山大祭」のシンボル、3基の置き山(高さ18m)が22日、姫路市総社本町の播磨国総社に完成したというニュースを見て、早速、出かけてきました。 ■このお祭りは、人工の大きな山高さ18m、裾の直径約10mを「置き山」として3基造り、それぞれの山の頂きに設けた山上殿に、全国より、八百万の神々をお迎えし、神門に設けられた門上殿に遷られた射楯・兵主の神(いたて・ひょうず)が、お祭りの期間、おもてなしをされるそうです。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 近畿の見所 > 兵庫県 > 三ツ山大祭(兵庫県)
三ツ山大祭(兵庫県)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2013-3-29 (505 回閲覧)
■20年に一度の「三ツ山大祭」のシンボル、3基の置き山(高さ18m)が22日、姫路市総社本町の播磨国総社に完成したというニュースを見て、早速、出かけてきました。

■このお祭りは、人工の大きな山(高さ18m、裾の直径約10m)を「置き山」として3基造り、それぞれの山の頂きに設けた山上殿に、全国より、八百万の神々をお迎えし、神門に設けられた門上殿に遷られた射楯・兵主の神(いたて・ひょうず)が、お祭りの期間、おもてなしをされるそうです。



■播磨国総社の場所は、姫路市総社本町です。

■三ツ山大祭のスライドショーは、こちらをご覧ください。


○総社西門です。


○西門を入って見える三ツ山


○東(写真左から)から、二色山、五色山、小袖山で、武者がイノシシや鬼、ムカデを退治する飾り物が張り付けられ、平和と繁栄への願いが込められています。


○色鮮やかな装飾が施され、いずれも、最上部には、山上殿(社)が設けられて、大祭期間中の3月31日〜4月7日、播磨地方や八百万の神を迎え、そのための神事「門上殿渡御祭(もんじょうでんとぎょさい)」と「山上殿降神祭(さんじょうでんこうしんさい)」が31日午後7時から執り行われます。

☆この記事は、「加古川からの小さな旅」のリメイク版です。

☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

ページ移動
良く読まれた記事 篠山市(兵庫県) 最上山公園(兵庫県) 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド