■33年に一度、平成の大遷座祭(せんざさいが行われていた、金刀比羅宮参りです。

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2022 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅のレポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...


SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
旅のレポート > 中国・四国の見所 > 香川県 > 金毘羅参り(香川県)
金毘羅参り(香川県)
投稿者: Daiku-gen 掲載日: 2008-5-7 (2024 回閲覧)
■33年に一度、平成の大遷座祭(せんざさい)が行われていた、金刀比羅宮参りです。

■遷座祭を記念し、125年ぶりに、奥書院が、一般開放され、江戸時代の奇才といわれる、絵師、伊藤若冲の障壁画、「花丸図」なども、鑑賞できました。

■金毘羅庶民信仰資料収蔵庫には、金毘羅参りの屏風絵や案内図などが展示してあり、古い絵図には、「尾上」とか「野口」、「加古川」の地名も載っています。そういえば、加古川にも、「こんぴら講」があったと言う話を聞いたことがあります。

■大門まで、石段の両側には、お土産物屋さんが軒を連ねていますが、その大門の内側でも、大傘をさした「五人百姓」と言う、お土産屋さんだけが、あめを売っています。古くから金毘羅大権現の神事に協力して、経済的な援助を惜しまなかったので、特別に営業を許されているそうです。私たちも、お土産に、あめを買いました。


○三穂津姫社(みほつひめのやしろ)


○本宮の右手から見た、琴平町のまちなみです。


○金毘羅歌舞伎の「金丸座」です。

■詳しいレポートは、こちらをご覧ください。

☆このページは、検索サイトのキャッシュを利用して、リメイクしたものです。

☆あなたも、旅のレポートを投稿して見ませんか?投稿は、こちらです。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド