XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.

平成ホームページ・リフレッシュ委員会

ブログ カレンダー
« « 2021 3月 » »
28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

サイト内検索

パートナーサイト

オンライン状況
25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが サイト便利辞典 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...


サイト便利辞典

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
せいたかしぎ

セイタカシギ

■お隣のまちの公園で、ツツドリを探しているとき、近くの池にセイタカシギが来ていると、Tさんが、教えてくださいました。神戸の花鳥園で見たことがありますが、自然界で、見るのは、初めてです。

■旅鳥または、留鳥。干潟、河口、海岸に近い湖沼、池、河川、水田、湿地など見られます。普通は、群れで行動し、浅い水の中に入って、頸を左右に振りながら、魚類、甲殻類、昆虫類の幼虫などを捕ります。海水域で、採食した後には、淡水域に入って水浴びをします。

■普段は、「ケッ」「ピゥウ」と鳴き、繁殖期には、「ケッケッケッ・・・」と地上で鳴いたり、飛翔しながら鳴いてディスプレイをします。雌雄ほぼ同色で、雌雄ともに、頭部の白色と黒色の入り方には個体変異があります。成鳥雄は、背から腰が白く、肩羽と翼は黒く、緑色の光沢があります。成鳥雌は、頭の黒色がないか、あっても少ないものが多く、上面は黒褐色で、光沢が少ないです。




○チュウサギとセイタカシギ


○セイタカシギとエリマキシギ


○天満大池にやってきたセイタカシギは、6羽の群れでした。


○セイタカシギの雄


○セイタカシギの雌

関連記事:
参考文献:色と大きさでわかる野鳥観察図鑑
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド